○ 校章の由来

 校章は昭和25618日,当時の教頭佐藤実氏の手によって考案されたものである。
中央に「宮」の字を配し,これに三本の光芒と三枚の葉を組み合わせたもので,

光芒は残存感覚である目の光りと希望を,萩の葉は郷土の誇りを,三という数は知・情・意の円満な発達を象徴したものである。          

   (昭和3910月宮城県教育委員会発行「教育宮城」140号に所載<校章めぐり>より)

 

 

   宮城県立聴覚支援学校小牛田校 校歌

 

                 作詞  根岸 保衛

                            作曲  福井 文彦

 

     一 青い海の浜 里の町

       仲よく友と 肩をくむ

    学ぶことばの よろこびと         

    はげむ技能の あこがれに         

    あすの希望が 胸にわく            

                                      

     二 舟形山の 春の日に 

     北上川が 光っている 

     山の姿の 雄々しさと

     川の心の 豊かさに    

        若い未来が 開けゆく