避難訓練(不審者対応)を行いました。


 不審者を想定した避難訓練を行いました。

実際に不審者が校舎に入ろうとしていることを想定し、

声かけ、全校への周知などの対応を職員で協力して行いました。

 

 遠田警察署職員の方からの指導助言では、

不審者として対応するかどうかの判断が大変難しく、

校内で基準を設定し、共有しておくことが大切だ。

というアドバイスいただきました。

 

総括に「いかのおすし」の話を図を使いながら説明いただきました。

怖いときは大きな声がだせるように

日頃の生活でも声を出す練習を行っていきたいと思います。